ヤグレーザー髭永久脱毛体験記録1回目 写真付きの経過報告(ゴリラクリニック)

ついに初回の脱毛施術の日がやってきました。

分からないことだらけなのでドキドキです。

今回初めての施術だったので、どのような流れで施術を受けたか備忘メモしておきます。

2回目以降はこのメモを見直して、心の準備をして臨みたいと思います^^;

大きな流れは以下の通りでした。

  • 受付
  • 順番待ち
  • 施術開始
  • 次回予約
  • 終了

それぞれ、簡単な流れを書いておきます。

受付

まずは、ゴリラクリニックの会場に向かいました。

余裕をもって施術の10分前くらいには受付を済ませるように言われていたので、早めに到着しました(脱毛クリニックは時間に厳しいので要注意です)。

受付は、カウンセリング時に受け取ったゴリラクリニック専用の会員カードを受付に渡しました。

順番待ち

受付が完了すると、番号札を受け取り、待合室で順番を待ちます。

私は大阪の梅田院に通っているのですが、自動販売機は無料で飲むことができます(地味に嬉しい)。

また、事前に調べていた通り、ゴリラクリニックは男性専門の脱毛クリニックなので、女性患者の方と会うことはもちろんありません

別に気にする必要はないと思うのですが、女性で脱毛に来られている方と顔を合わせるのはなんとも恥ずかしい気がするので、個人的には安心でした。

私以外にも、2名の方が待合室で順番待ちをしており、皆さんくつろいだ様子で雑誌を読んだりしていました。

施術開始

3分ほど待つと、私の番号札が呼ばれ、部屋に通されました。

部屋には脱毛の機械とベットが用意されており、今回施術して頂く担当の方は男性スタッフでした。

笑気ガスの麻酔と剃毛の処理からスタート

まず、初回なので簡単な脱毛に関する説明があり、顔に水性ペンでマーキングがされました。

手鏡を一緒に見ながら、照射位置を最終確認します。

次に目隠しをされ、笑気麻酔を鼻にあてられました。

鼻から息を吸って(笑気ガスを吸う)、口から吐き出します。

また、髭の脱毛の前には必ず剃毛(髭剃り)をしておく必要があるのですが、私の髭剃りが甘かったのか、笑気麻酔を吸いながらもスタッフさんが私の髭の剃り残しを処理してくれました

クリニックによっては剃毛だけで追加料金をとるようですが、ゴリラクリニックは追加費用は一切かからないクリニックなのでありがたさが分かりました^^;

麻酔が効いてくると、お酒を飲んだような少しふわふわした気分になってきました。

とはいえ、意識も普通にありますし、スタッフさんと談笑しながら、照射が開始されました。
(参考)髭の永久脱毛で使われる笑気麻酔の副作用と痛みは?料金体系の全て

実際の照射の痛みはズバリ?

初めての照射なので本当にドキドキでした。

まずは毛の量が少ない頬から一発照射をしてもらいました。

「ピピッ・・・バシュッ!!」

こんな音が耳元で聞こえ、照射をされているのが分かります。ちなみに、私はYAGレーザー(ヤグレーザー)だったので、一発一発的を絞って照射をしていくスタイルの機械です。

正直、痛み自体は全然我慢できる程度のものでした。

問題ないことを伝えると、本格的に連続照射がスタートしました。

頬⇒あご⇒あご下(あご裏)⇒鼻下

の順で照射をしていきますが、後になればなるほど髭の濃い部位なので痛みも増していきます

特に鼻下は結構痛みを感じました。ただ、10発程度我慢すれば終わるものだったので、我慢はできる程度の痛みです。

笑気麻酔自体は、痛みを抑える効果があるというよりは「痛いけど、まぁいいやー♪」みたいな酔った気分にさせてくれる軽い麻酔という印象です。

とはいえ、笑気麻酔なしでは痛みがどれくらい感じるかピンとこないので、次回以降も麻酔はお願いしようと思いました。

施術終了。時間はたったの10分程度

照射が終わると、麻酔をはずして、照射部位を手鏡で一緒にチェックしてくれました。

笑気麻酔のふわふわとした意識がしっかりと戻ってきます。

初めてだったので、痛みと言うよりは変な緊張感の冷や汗をかいていましたが、正直「え、もう終わり!?」というくらいの印象でした。

時計をみると驚き。照射時間は10分程度で完了です^^

また、毛嚢炎等に備えるため、抗生物質の飲み薬と塗り薬を無料で頂けました。また、私はそこまで赤みがひどくなかったのですが、念のため人目が気にならないようにマスクまでもらえました。

こういうサービスも無料で当たり前のように対応いただけるのはありがたいです。

受付に戻り次回受付

待合室に戻ると、受付に呼ばれ、次回の予約日程の候補日を聞かれました。

髭の永久脱毛の場合、毛周期を考慮して、次回の予約は9週間以上の期間を空ける必要があります。

この日のうちに次回予約をするものとは思っていなかったので(後で電話するものだと思っていた)、手帳を持ち合わせておらず、次回の予約は別途電話ですることになりました。

次回以降は、予約の候補日まで事前に確認したうえで脱毛に臨みたいです。

会員カードを返却され、クリニックを出て時計を確認したところ、クリニックに入ってから出るまでトータルで拘束された時間は25分

スムーズに施術も完了するため、本当に驚きました。

仕事や学校の昼休憩でも十分施術が完了してしまうくらいの感覚です。

当初、私は医療用レーザー脱毛を受ける前にニードル脱毛を考えており、実際に130本の1,000円体験コースも体験しています
(参考)MEN’S TBCで髭150本分の1,000円体験コースを受けて知った衝撃の事実

それと比較すると、医療用レーザー脱毛は施術範囲に対してかかる時間は比較にならないくらい早く、大満足です。

髭永久脱毛1回目の経過写真

それでは、実際に照射前後の髭の変化を記録しておきます。

照射前

私は週明けに照射に行きましたので、脱毛前まで2日間髭を伸ばしてみました。その状態が以下の写真です(風呂上がりで上裸ですいません。。。)。

無精ひげがいっぱい生えてて自分でも汚いとわかっています。

この後、脱毛のために髭剃りをした状態がこちらです。

髭脱毛照射直後

今回の1回目の照射直後の写真です。

多少、照射部位の毛が反応して赤いポツポツができています(特にあごのフェイスラインが赤みが出ています)。とはいえ、大きな赤みや腫れもなく、丁寧に施術頂けたようで安心しました。

赤みがない部分も、少し肌がでこぼこしたような状態になっているのが分かるかと思います。これは、早く引いてほしいです。

髭脱毛照射翌日

翌日は肌のでこぼこは既に大部分は引いていました

一方で、髭が膨張したようになっており、多少髭が濃くなったように見えます

前日よりも毛の黒色が目立っているのが分かりますね。

髭脱毛照射3日後

照射後3日目の状態です。

3日が経過すると、毛嚢炎と呼ばれるニキビのようなものができました。幸い、あごの裏の目立たない箇所にしかできませんでしたので、特には気になりませんでした。

また、脱毛照射あとに伸びてくる髭は、とても柔らかく(ふにゃふにゃしてます)、髭剃りでうまく髭を剃ることができません。そのため、少し髭が濃い期間がづづきました。

これは泥棒髭と呼ばれる現象です。
(参考)髭の永久脱毛で髭が濃くなる?泥棒髭(ドロボー髭)の真実と写真を公開

髭脱毛照射1週間後

照射後1週間が経過しました。

ちょうどこの日から、髭がポロポロと抜け落ちるようになりました

不思議なことに、毛根がないような状態で抜け落ちてきました。

「スゴイ!!!」の一言です。

顔を洗って洗面台を見るとこの状態。笑

指でなぞるだけでポロポロ抜け落ちていき、抜けた後はこんな状態になりました。

まだ触っただけでは抜けない髭が多少残っていますので、そのような髭は無理に引っ張ったりはせず、放置しています。

それでも、1週間経過をして、髭が抜け出すと一気にきれいな状態になるのでとても感動しました。

髭脱毛照射2週間後

2週間が経過すると、残っている毛も日に日に抜け落ちていき、すべすべの肌になりました。

脱毛の照射跡などもキレイさっぱりなくなり、すべすべの肌でスッキリです。

個人的に一番感動しているのは、「毎日行っていた髭の処理を一切行う必要がないだけで、いかにストレスフリーな生活が送れるのか」を体感できているところです。

私は髭の永久脱毛をするまで、青髭になるのが嫌で毎日髭を抜いていました。

そのため、1日最低20分は髭と格闘していたのですが、その時間がなくなって、髭を気にしない日常生活を送れていることが本当に嬉しいです。

また、肌自体にかける負担もなくなったため、スベスベできれいな状態を保つことができています

このまま髭脱毛を継続して、脱毛に通わなくてもこの状態をキープできると思うと、正直ワクワクしています。

次回以降のレーザー脱毛も継続して、経過観察をしてみたいと思います!
>>脱毛完了後の髭の伸び方を撮影しました【照射2回目】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です